家財整理(生前整理・遺品整理・空き家・ごみ屋敷)

「家財整理」と一言で言ってもその内容や状況によって、いくつかに分類されます。子供たちが独立するなどして長年使われていない家具などを整理処分する「生前整理」。身内の方が無くなられるなどした後に想い出の品や貴重品の捜索などを行い、不要なものを処分する「遺品整理」。誰も住まわなくなったご実家の「空き家整理」。様々な事情で家や部屋の中がゴミであふれてしまった場合の「ゴミ屋敷片付け」に大まかに分類されます。そしてそれぞれの整理作業にはそれぞれの作業内容とご提案、配慮が必要です。

遺品整理作業ビフォー
遺品整理作業前
遺品整理作業アフター
遺品整理作業後

生前整理

生前整理とは長年使用していた家財道具を、最近は全く使っていないので整理したい…

両親が高齢でタンスに囲まれながらの生活をしており、安心できる環境にしてあげたいけど自分たちではなかなかできない…

このように様々なご事情があり、お家を整理できない方が多くいるかと思います。私たち日本特殊清掃隊の生前整理では想い出の詰まった家財道具を、一つ一つ確認しながらの整理を行っていきます。

住まいの中の危険個所の排除をご提案

高齢者の方が、健全に生活していただく為の整理では、危険個所の排除から、必要に応じて家財道具の入れ替えをご提案いたします。多くの実績から、高齢者の方が健全に生活できるように、生活導線なども加味し、最適な整理プランをご提案させて頂きます。

また、お部屋がゴミ屋敷になってしまっている場合でも、室内には日本特殊清掃隊の実績の中でも、現金・印鑑・重要書類・その他貴重品が多く存在します。ゴミ屋敷だからと言って、粗末な扱いは一切いたしません。

遺品整理

遺品整理とは、故人様の遺された家財道具・想い出の品物など全てを整理していく事を言います。遺されたご遺品を、想い出を振り返りながら一つ一つご遺族様・ご親族様方によって形見分けの品物と不要になられるものとを整理していく事が、本来の遺品整理です。

遺品整理作業前
遺品整理作業前
遺品整理作業後
遺品整理作業後

しかしながら、昨今社会問題ともなっている核家族化・疎遠化・仕事の長期休暇の取り辛い現代にて、遺品整理をご遺族様・ご親族様より代行して行わせていただくのが、遺品整理業者です。

一般的なケースでは遺品整理作業後にはその住まい、お部屋の清掃が必要となります。アパートやマンションの賃貸物件の場合はもちろん、故人様所有の物件でも遺品整理後の清掃作業では特殊清掃の技術が必要なケースがよくあります。

空き家整理

相続により、空き家を所有する事になってしまい、突然のことで何をどうしていったらよいのか?日本特殊清掃隊では、空き家問題に対し、家財の整理はもちろんですが、空き家管理から不動産活用など、様々なお悩み事のサポートをさせて頂きます。

空家による様々な悩み

  1. 防災性の低下…倒壊、崩壊、屋根・外壁の落下、火災発生の恐れ
  2. 防犯性の低下…犯罪の誘発
  3. ゴミの不法投棄
  4. 衛生の悪化・悪臭の発生…蚊、蝿、ねずみ、野良猫の発生・集中
  5. 風景・景観の悪化
  6. その他…樹枝の越境、雑草の繁茂、落ち葉の飛散等

ごみ屋敷片付け

ゴミは一度溜まり始めるとなかなか捨てることができなくなってしまいます。それは1部屋にも広がってしまえばもちろん、1軒ともなればなおさらです。市区町村のゴミの分別も大変細かくなっており、高齢者やお仕事で忙しい一人暮らしのサラリーマンなど一般の方で対応できないことが起きるのは当然のことです。

また部屋の中には無数の害虫・害獣・雑菌・カビ菌といったものが生息しており
それらを吸って日々生活しているため孤独死者率は非常に高く「孤独死の合図」「緩やかな自殺」とも呼ばれるほどです。

ご自宅のお部屋及びお家全体がゴミで溢れかえっている状態でも、日本特殊清掃隊では長年の経験を活かすことによりスムーズにゴミのない快適な元のお部屋、お家に戻すことが可能となります。

ゴミ屋敷になってしまう原因

高齢者の方に限らず、若い方のお家でもゴミ屋敷化してしまう事もありますが、これは「セルフネグレクト」と言われる病気の一種です。近年、セルフネグレクトとみられる方が増えており、社会問題化しつつあります。

自分の生活環境を維持することを放棄してしまう、自己放任という事です。生活環境を整えることを放棄し、必要な食事や治療なども拒否し不衛生な環境で生活していても何も感じないことが原因です。

セルフネグレクトにより、室内の環境が悪化してしまっている場合や、生活ごみであふれかえってしまっている場合の整理は簡単なものではなく、お住いの方からすると、ゴミであふれかえっていることに安心感を持っていたり、生前整理により物を整理し、無くなっていくことに抵抗されたり、時には整理作業開始時のお客様の気持ちは整理していくことに前向きであったが、整理作業を進めていくと、気持ちが180度変わってしまい、作業を一時中止する場合もあります。

一般社団法人 日本特殊清掃隊への相談
一般社団法人 日本特殊清掃隊への電話相談
一般社団法人 日本特殊清掃隊へのメール相談