日本テレビ news every.サタデーに取上げて頂きました!

2020年5月ごろからプロジェクトメンバーとして参加していた、全国高3テニスChallengeTournament!
日本特殊清掃隊として、ダイヤモンドプリンセス号の除染作業のノウハウを全面に応用し、感染予防対策を指導させて頂きました。

地方大会は、9月5日に関西大会からスタートし、北海道大会・東北大会・関東大会・北信越大会・東海大会・中国大会・四国大会・九州大会・沖縄大会と全国10の地方大会を開催しました。

日本特殊清掃隊としては、絶対に感染者を出してはいけないという大きな任務を任せて頂き、大会全体の感染予防ガイドラインの作成と、COCOAのインストール及び登録、各大会2週間前から選手の体調管理を徹底させ、毎日の検温と体調管理報告を、ONE TAP SPORTSの体調管理システムに入力していただくことと、事前に作成した選手向けの感染予防対策映像をしっかりと見て頂くようにしました。

地方大会は、無観客での開催を定め、親御様の会場入場も制限させて頂きましたが、全国大会は、出場選手全員が抗体検査を行い、選手と同居している同一世帯の親御様2名のみが観戦できるように調整させて頂きました。

全国大会は、11月7日・8日に、群馬県高崎市にある「清水善造メモリアルテニスコート」にて開催されました。

当日は、日本テレビの取材が入っており、その模様がnews every.サタデーで放送されました。

また、大会終了後から作成していた、感染予防マニュアルのアプリについても取り上げて頂き、多くの方にインストールしていただけました。

新型コロナウイルス感染予防では、多くの方が誤った予防を行ってしまっているので、日本特殊清掃隊の感染予防研修やアプリを通して、正しい感染予防策を身に着けて頂きたいです。

アプリのダウンロードは、こちらのQRコードを読み取ってください!
現在は、android版のみとなります。

災害時及び感染症発症時における防疫活動に関する協定を締結しました

千葉県印南市と、災害時及び感染症発症時における防疫活動に関する協定を締結しました。

一般社団法人 日本特殊清掃隊は、孤独死・孤立死・自殺等の特殊清掃と、水災害時の清掃・除菌消臭作業、感染症除菌作業について、消費者に対して、適切な広報を行うとともに、事業者に対して正しい技術・情報の発信とともに、様々な研究開発を行っていく為に有志が集まり設立されました。

そんな中、2020年2月に全国・世界を脅かした新型コロナウイルス感染症に対し、国内は少数しか携わっていない、ダイヤモンドプリンセス号の除染作業に参加させて頂きました。

以後、正しい除菌方法・感染症対策について、様々な事業所・行政・教育現場にて指導をさせてもらったり、実際に感染者発生現場にて除菌作業を行ってきました。

企業・行政と、災害時にサービスがストップしてしまうことは、とても大きな問題で、即時解決することを望まれております。

そこで、今回は千葉県印南市と、災害時及び感染症発症時における防疫活動に関する協定を締結させて頂きました。

協定の手指としては、印西市において災害が発生または、さまざまな感染症が発生・拡散した場合において、「一般社団法人 日本特殊清掃隊」に防疫活動を要請し、速やかに防疫活動を行うこととなり、具体的な協定の内容は以下の通りです。

印西市において水害等の災害が発生した場合、雑菌・汚泥・災害ゴミの撤去を行い、消毒、清掃作業を行う必要があります。 
 また、ネズミや害虫等の大量発生や、新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症の蔓延等により、生活環境が脅かされる事態になった際に、駆除作業や除菌作業が必要となってきます。

そのような事態が発生した場合に、印西市が「一般社団法人 日本特殊清掃隊」に要請する防疫活動は以下のとおりです。

1.水害時における防疫活動
2.ネズミ・衛生害虫駆除活動
3.感染症発生時の消毒活動、感染予防方法等についての指導
4.前号の役務の提供に必要な薬剤等をはじめとする物品の調達

今後、他の自治体様とも連携を取り、災害時における対策を整えていきます。

印南市公開ホームページはこちら

日本特殊清掃隊 類似ページにご注意ください

私共、一般社団法人 日本特殊清掃隊と、類似したホームページがございます。
ダイヤモンドプリンセス号での除染作業を行った、特殊清掃業者の集団は、当ホームページの日本特殊清掃隊となりますので、誤って、類似のホームページからのご相談・ご依頼には十分にご注意ください!

メディア掲載実績(週刊朝日 第2弾)

加盟事業者スイーパーズ(茨城)が、週刊朝日に掲載されました!
30~40代のバリキャリ女性に「ごみ屋敷」急増 片づけられない驚きの理由〈週刊朝日〉として、取材を受けました。

「ちょっとごみがあって。片づけてほしいのですが」  特殊清掃や家の片づけを行う「スイーパーズ」(茨城県かすみがうら市)に、女性からこんな連絡がくるのは、珍しくない。

記事の内容はこちらからご確認ください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4e5af7376241aa40aebb2b7dfa97879252b2e523

メディア掲載実績(NHK)

加盟事業者ラスティック(岡山)が、鳥取県観光事業者向けに感染予防研修会を開催し、NHKにて紹介されました。

まだまだ、日々感染者が発生している中、正しい感染予防除菌作業を知っていただく為に、研修会等を通してお伝えしていきます。

講師派遣をご希望の企業様・団体様は、お気軽にお問合せ下さい。

全国高3テニス大会 感染症予防監修

新型コロナウイルス感染症が全国で広がり、スポーツ業界においても多くの自粛を余儀なくされております。
一番大きなニュースとして取り上げられたのは、甲子園の中止になるかと思います。

多くのスポーツ業界で開催を断念されてきましたが、とあるスポーツの全国大会を民間で開催したい!と、私共にご相談を頂きました。

そのスポーツは、テニスです。
相談を持ち掛けてくださったのは、高松伸吾氏です。
彼は、小さいころからテニスに夢中になり、中学・高校・大学と続け、全国1位の成績まで昇りつめた方です。

髙松氏からは、「高校3年間の集大成となるインターハイなども開催中止となったが、区切りとなる試合を行うことなく、高校生活を終えることは、テニスで人生が変わった私として、何かできることはないか?」
「各団体が主として開催できないのであれば、民間で全国大会を開催したい!」
「大人の力で、高校3年生に全国大会をプレゼントしたい!」

そこには、感染症予防対策が第一条件となる!

この様な背景から、一般社団法人 日本特殊清掃隊にお声をかけて頂きました。

私共からの回答は、どの様な対策を行っても、「絶対に安心・安全はない!」と、させていただいた上で、高松氏の熱い思いを受け止め、全力で感染症対策に務めさせていただきます。と協力させて頂くこととしました。

立ち上がったプロジェクトは、全高校3テニスChallenge Tournamentです。

https://www.juniortennis365.net/

感染症予防として、ガイドラインの作成、選手が行う感染症対策、試合ごとのコート内除菌等を資料・動画にして取り纏めました。
その他、地方大会含む試合前後2週間、参加選手の体調管理を、ワンタップスポーツアプリを導入して管理を行うことや、厚生労働省から出されているCOCOAのダウンロードを義務付けさせて頂きました。

各大会会場の施設内除菌も、一般社団法人 日本特殊清掃隊メンバーが張り付き、大会スタッフに除菌方法の指導を行い、全試合ごとにコート内除菌を行うことを徹底しました。

この様な、感染予防を行うことを徹底したことからも、当大会はスポーツ庁の後援も得たとても大きな大会となりました。

9月1日より、地方大会(予選)が関西地区からスタートし、各地方大会が以下のスケジュールで行われました。
※全大会無観客試合です。

■開催期日・会場・サーフェス
北海道大会 9 月 6 日 :手稲稲積公園 砂入り人工芝
東北大会  9 月 12 日 : 安比高原テニスクラブ ハードコート
関東大会  9 月 21 日 : アポロコーストテニスクラブ 砂入り人工芝
北信越大会 9 月 26 日 : 大原運動公園 砂入り人工芝
東海大会 10 月 3 日 : 岐阜メモリアルセンター ハードコート
関西大会  9 月 5 日 : マリンテニスパーク北村 砂入り人工芝
中国大会 9 月 12 日 : 福山市竹ケ端運動公園庭球場 砂入り人工芝
四国大会 10 月 3 日 : 愛媛県総合運動公園 ハードコート
九州大会 10 月 3 日 : 海の中道マリーナ&テニス 砂入り人工芝
沖縄大会 9 月 19 日 : 沖縄総合運動公園 砂入り人工芝
全国大会 11 月 7 日・8 日清水善造メモリアルテニスコート ハードコート
(群馬県高崎市)

10月3日に、全地方大会が終了し、残すは11月7日・8日に開催される全国大会となります。
地方大会終了時点で、体調不良者・感染者の発生はなく、私共としても、感染症対策がしっかりと行えた大きな実績となりました。

残すは、11月7日・8日に開催される全国大会のみとなりますが、コロナ禍で様々なスポーツ大会の開催中止が続いてきた中で、一般社団法人 日本特殊清掃隊としても、大きな実績を遺せたことともいます。

今後も、様々な大会に対して、感染予防の基準になれればと願います。

一般社団法人 日本特殊清掃隊では、今後も他のスポーツ業界でもお力になれればと思います。
お気軽にご相談ください!

メディア掲載実績(朝日新聞)

6月20日に発行された朝日新聞に、一般社団法人 日本特殊清掃隊の取組を取材していただけました。
記事の中には、団体の活動内容や注意喚起・加盟事業者である、ラスティック(岡山)の事例も紹介されております。

メディア掲載実績(TSCテレビせとうち)

加盟事業者ラスティック(岡山)が、TSCテレビせとうちに【みんなで、乗り切る。コロナショック】として8月19日に新型コロナウイルスによる逆境に立ち向かう人たちを紹介する番組で紹介いただきました!

メディア掲載実績(RSK evening news)

加盟事業者ラスティック(岡山)が、RSK evening newsに取材いただきました!
ダイヤモンドプリンセンス号からクラスターが発生した「新型コロナウイルス感染症」ですが、店舗・企業からの感染予防除菌作業のご依頼を多く頂いております。

しかし、地方では、まだまだ関心も薄くラスティック社では、危機意識を持ってもらえるように活動されております。

メディア掲載実績(週刊住宅タイムス)

加盟事業者スイーパーズ(茨城)が、7月13日に発行された週刊住宅タイムズに、「特殊清掃とコロナ消毒」について取材・掲載されました!

コロナ感染されてしまった方が、自宅療養をしなければならなくなってくると、必然的に懸念されるのは、自宅にてお亡くなりになられてしまう事です。

新型コロナ感染症が広まるまでについては、特殊清掃について特別な対策は考えられていませんでしたが、今となっては、故人様が、新型コロナウイルス感染されている可能性があることを念頭に特殊清掃へ着手しなければいけません。

一般社団法人 日本特殊清掃隊では、この様な状況下でも正しい情報の発信に努めていきます。

一般社団法人 日本特殊清掃隊への相談
一般社団法人 日本特殊清掃隊への電話相談
一般社団法人 日本特殊清掃隊へのメール相談